コラム

人前で靴が脱げない! 足の臭いの原因と対策方法

更新日:

 

キツイ足の匂い! その原因は?

「靴を脱いだら足の臭いが気になった」「足の臭いが気になって外出先で靴を脱ぎたくない」など、男性、女性問わず、自分の足の臭いが気になった経験がある人は少なくないと思いますが、その原因を考えたことはありますか?

じつは足は本来、無臭と言われているのです。それなのに臭いが気になるのはなぜでしょうか?

足にはエクリン腺という汗腺が多く存在しています。ほかの部位に比べその数は3~10倍ともいわれています。そのため汗をかきやすいのですが、エクリン腺から出た汗自体には臭いはありません。では、なぜ臭うのでしょうか?

じつは足の匂いの主な原因は繁殖した雑菌です。足には皮脂や皮膚・爪の汚れなど、雑菌が好むエサが豊富です。そのため、もともと足にいる皮膚常在菌が繁殖し、汗と一緒に流れ出た皮脂や古い角質を分解することで臭いが発生します。

この分解したときに出るのが「イソ吉草酸」と言われるものです。「イソ吉草酸」とは、脂肪酸の一種で、雑菌が汗や皮脂を分解してできるもので、足の臭いの原因物質とされています。

また、靴下やストッキングで湿気を閉じこめ、さらにその上から靴を履くことで、足は高温で蒸れやすい状態が続きます。高温多湿は常在菌が大好きな環境なので、雑菌をエサにし、菌が増えてしまうのです。

一方で、足がアンモニア臭い、という方もいると思います。これは疲労臭と言われるもので、ストレスが溜まっていたり、体が疲れていたり、肝臓の働きが弱っている時に発生しやすいのです。

体の中のアンモニアがうまく処理されず、尿として排泄されなかったアンモニアが汗として出てきて、本来は無臭のはずの足から出る汗が、アンモニア臭くなってしまいます。

足の匂いの具体的な対策法は?

対策方法としてもっとも効果的なのは足を清潔にすることです。足の洗い方が不十分だと菌の繁殖に繋がってしまいます。

さっそくですが、具体的な洗い方としては足をお湯でしっかり濡らし、よく泡立てた殺菌効果のある石鹸で洗います。指の間までしっかり洗い、洗い残しがないように流します。可能であれば爪用のブラシなどを使って爪の隙間の汚れも落とすと、さらに効果的でしょう。

洗った後は水分を拭き取り、しっかり乾燥させることが大切です。また、定期的にかかとの角質ケアもしておくと良いでしょう。洗った後は足用のデオドラント用品を使うのもおススメです。

また、ムレを予防することも効果的です。雑菌は高温多湿の環境を好むので、通気性を良くしておくことで雑菌の繁殖を防げます。5本指ソックスや綿や絹などの天然素材の靴下、消臭効果のある靴下やストッキングを活用することで、ムレ予防に繋がります。

靴を脱がなければいけない時のために、替えの靴下やストッキングを用意しておくのも一つの方法です。

また、同じ靴を続けてはかないことも大切です。何足かをローテーションで履き替えましょう。雨なので濡れてしまった場合は乾燥材や新聞紙を詰めるなどして、しっかり乾燥させることが臭い予防に繋がります。

もう一つの足の匂いの原因であるアンモニア臭の場合はしっかり休息をとり、睡眠不足やストレスを解消することも大切と言えます。

足の匂いに年令に関係はあるのか?

加齢とともに体臭がきつくなるのを加齢臭ということがありますが、では、足の臭いに年齢は関係あるのでしょうか?

加齢臭はノネナールというものが原因と言われていますが、足の皮脂腺からも分泌されるので、今まで雑菌の繁殖により発生する臭いだったものに、加齢臭が加わることで臭いがきつくなることもあるようです。

しかし、若くても足の臭いは発生するので年齢に関係なく対策は必要と言えます。

足の匂いが気になるようでしたら、しっかりとケアを行うことが大事ですね!

-コラム

Copyright© 臭ピタッ!の口コミと評判 効果を暴露! , 2018 All Rights Reserved.